Process of Kuwana-Honey

九華はちみつができるまで


ミツバチは、寒さが苦手なので、冬の間は巣の中でじっとしています。そして、暖かくなり、色とりどりの花が咲く、春から秋に活発に活動しますので、養蜂家もその時期に合わせてミツバチと共に行動します。

巣箱の設置

 冬が終わり、暖かくなり始めると女王蜂の産卵が始まり、ミツバチの数が増えてきます。その時期を見計らい、ミツバチが美味しいはちみつを集めてこられるように、巣箱を設置します。

ミツバチが蜜を集めてくる

 ミツバチは、花を見つけると、その蜜を一生懸命集めます。この時にミツバチを介しておしべとめしべが受粉し、新たな命が芽吹く手助けをしています。

採蜜

 巣箱に、ある程度蜜がたまったら、採蜜を行います。ミツバチに感謝しながら、必要な分を頂きます。

製品

 余分なゴミ等を取り除き、純粋国産はちみつ「九華はちみつ」が出来上がります。
 もちろん無添加・無加工です。